何のために住み替えするのか

家族構成や生活環境の変化により、マンションから戸建住宅への住み替えを検討する際には、
まずは、それぞれの特徴を把握することが大切です。

また住み替えの目的をしっかりと持たなければ、良い物件を選ぶことができなくなります。

マンションと一戸建ての比較

■ マンション

マンションのメリットは、専有部分にだけ責任を取れば良いという点にあります。
共用部分は管理組合が管理する部分ですから、
居住者は専有部分にのみ自由と責任を持つことになります。
もちろん共用部分は修繕積立金によって賄われますが、
居住者が単独で自由に手を加えることができないのが普通です。

マンションは一戸建てよりも低価格で購入できますし、
寿命が長いことからコストパフォーマンスが高いというメリットがあります。
しかし修繕積立金や共益費など、物件購入費以外にも毎月負担しなければならない費用が発生してしまいます。

■ 一戸建て

一方で一戸建て住宅は土地を含めて全てを所有することになりますので、
マイホームを購入する満足度が高くなります。
しかし管理組合がありませんので、全てを所有者の責任において行う必要があるのです。

マンションでは必要となる修繕積立金はありませんので、購入時の費用を負担すれば、
メンテナンスを続けることで快適な環境を保つことが可能です。
マンションよりも購入価格が高くなるという経済的なデメリットはありますが、
その分建物も土地も全て所有することが可能です。

特に土地に関しては永久に権利を得て自由にできる点がマンションとは決定的に異なる部分とえいます。

  メリット デメリット
マンション ・一戸建てよりも低価格
・専有部分にだけ責任を持てば良い
・寿命(耐用年数)が長い
・修繕積立金、共益費などが必要
・共有部分は手を加えられない
・所有権は建物のみ
一戸建て ・土地と建物を所有できる
・どこでも自由に手を加えられる
・共益費などが不要
・管理などはすべて所有者が行う
・マンションよりも価格が高い

それぞれにメリット、デメリットがありますので、戸建住宅に住み替えを検討する際には
まずは生活環境や経済性について、じっくりと検討することが重要だといえます。